[本]のメルマガ

配信済のメルマガのバックナンバーを見ることができます。また、記事に対するコメントもお待ちしております。
<< [本]のメルマガ vol.750 | main | [本]のメルマガ vol.752 >>
[本]のメルマガ vol.751

■□------------------------------------------------------------------
□■[本]のメルマガ【vol.751】20年4月25日発行
[長いトンネルに突っ込んだ日常 号]
http://honmaga.net/ 
■□------------------------------------------------------------------
□■ 創刊は1999年5月10日、現在の読者数は4068名です。
■□ 「まぐまぐ」で、殿堂入りメールマガジンのひとつに選ばれました。
□■------------------------------------------------------------------

★トピックス
→竜巻先生の新刊

★「甘くて苦いイタリア」 雨宮紀子
→解放記念日に思うこと

★「今月のこの一冊」 小谷敏
→AIが奪う職

★「ちょっとそこを詰めていただけませんか」 竜巻竜次
→サインはV、マスクは?

★「はてな?現代美術編」 koko
→美術館に行けないなら、電子美術館へ

★「スプートニクとカガリーンの闇」内藤陽介
→ガガーリンの有人宇宙飛行直前の快挙
----------------------------------------------------------------
★PR★ 原 書 房 最新刊 ★ http://harashobo.co.jp

『統計の歴史』
オリヴィエ・レイ著 池畑奈央子監訳 原俊彦監修
A5判 336ページ 本体3,600円+税 ISBN: 9784562057412

人口、経済発展、犯罪、衛生・健康管理など、統計は形ないものに形を与え、
把握、比較、分析などにとても便利なツールである。ではその統計はいつ誕生
し、どのように全世界に広まっていったのか。その歴史をわかりやすく紹介。
----------------------------------------------------------------------
■トピックス
----------------------------------------------------------------------
竜巻先生の新刊 発売中
「武士に二言があるならば〜「侍えれじぃ」より〜 (SPコミックス)」
電子書籍として各店で発売中
https://honto.jp/ebook/pd_30176588.html

江戸を生きる人たちには悩みがいっぱい。仕事に出世、恋に趣味、家庭に相続……
あれ、今の我々といっしょじゃない!? そんな悲喜こもごもを400本以上のシニ
カルギャグで描いた「学んで笑える」江戸ショートです!!

----------------------------------------------------------------------
■Italia dolce e amara: 甘くて苦いイタリア / 雨宮紀子
----------------------------------------------------------------------
4月25日は解放記念日。ヴァーチャルで祝われるという特異さだ。
2月21日にベネト州で新型コロナウイルス感染による死者が初めて確認されて
から、長い蟄居生活ともいえる自宅避難生活が3月10日の首相令によって始ま
り、4月3日までという始めのデッドラインが予想通りに延期され、新たな日
付が5月3日。そしてこの日付もおおかたは延期されるものと予想される。

つまり、長いトンネルに突っ込んだ日常が、毎日変わりもなく繰り返されてい
るのだ。マラソンは長いという言葉に納得はしたのだが、実はマラソンはした
ことがない。かなり苦しいものだと、コロナ禍に向き合う譬えを実感する。

もう以前ほど感染者の数や死者の数を追う人は多くないのではないか。ただた
だ、前方に少しは明るさが見えてきたのではないかと、ひたすら待っているだ
けなのでは・・・。

生き続けるための食料の調達と健康上などの必要不可欠な理由以外では外出
をしてはいけない状況に変わりはない。
違反すれば罰則があるのにもかかわらず、シチリアのメッシーナではマフィア
のボスの葬儀に人々が集まったというし、久しぶりに天候が良くて、暑さまで
感じる日は、「子ども通り」という名のついた樹木の生い茂った広めの通りに
子どもたちが溢れ、大人たちはベンチを占領していたと夫から聞いた。
“社会的間隔”を守っているわけ?と訊くと、そんなことはなかったらしい。

これから夏に向かい、避暑地となる近郊のリヴィエラ海岸ではすでに避暑客
を迎えるビジネスの準備をし始めたとニュースがあった。ビーチの経営者は年
間で働くのは夏だけだ。今まで筆頭の外国人避暑客だったロシア人は期待でき
ないとしても、セカンドハウスを持つ人も多いから、週末の人口密度は上がる。

そして数カ月後には、営業権で占められた砂浜はパラソルと海浜チェアがおか
れて有料ビーチとなる。無料の公共の砂浜はごく少ない。
もちろん、“社会的間隔”を守るのは最初の掟になる。海水に浸っていた方が
ウイルスに無縁でいられるかもしれないが、お楽しみはサロンのようなお喋り。

外出できないからといって、鬱々と毎日を過ごしているわけではない。
未読の小説やら評論は多いし、新刊なら電子版を買い、大手のサイトに注文し
たCDはドイツから配送されてきた。

書店や、児童向けの文房具・服の店は営業再開となった。公共機関がまだ再開
されないので、車か徒歩往復で行くしかない。衰えた脚力をとりもどすには好
機だが。トラムやバスに安全な“社会的間隔”1,82mを実践するとすれば、再開
したとしても、あらゆる面で今までとの差がでてくる。

スーパーでは食料品以外の売り場は閉まったままだ。65歳以上の高齢者は列に
並ばずに入場できるという厚遇がとりいれられた。

スーパー大型店は、トスカーナ州が配布する一人当たり5枚のマスクの受け取
り場所にもなっている。買い物が終わってから出口で渡されるから、買い物と
引き換えという印象になり、マスクは無料じゃないじゃないかという意見もあ
る。薬局でも受け取れるのだが終了するのが早い。
市の手配で一人2枚のマスクがボランティアによって、郵便のように2度届け
られた。

ネットでは多種多様の愉快・奇怪な動画やメッセージが流れているが、新型コ
ロナウイルスとの関係、現状がどうもわかりにくいという印象を20条に箇条書
きした人がいる。以下に幾つかを訳出したい。

xxxxxxxxxx

コロナウイルスについて20の明白な規則を総括する:

1. いかなる理由があっても外出できない、でも、ねばならないなら、できる。
3. 病院に行く必要がないなら行ってはいけない、診察にも行ってはいけない、
よほど重篤でないかぎり。
4. 外出の際は、違法だが義務づけられている自己申告書を忘れてはいけない。
持っていなくても問題ない、検問される時にはくれるから。
5. マスクは役にたたない! でも、していると命が助かることもある。
7. このウイルスは夏には過ぎ去る、あるいはたぶんずっと残る。まだ決めて
ないのだ。
8. 羊が自由に群れているような免疫を獲得できるよう、みんなが感染するま
で、あくまで閉じこもっていなければならない。
9. ウイルスへの抗体がえられるようにワクチンが準備されているが、それは
変異し、抗体を作らないかもしれない。回復したら再び罹らないのか、罹るの
か。
12. 罹るといろいろな症状があるだろうが、症状がないこともある・・・症状
があっても苦しまないか、症状なしでも感染させる。病人の言いなりだ。
13. 病気にならないために健全な食事をし、運動をする必要がある。マンショ
ンの60平方メートルの部屋でジョギングを10キロすれば爽快で、想像力豊かに
なる。
14. 新鮮な空気をちょっと吸うと良い。庭がないとか、バルコニーがないなら、
気にするな。
16. ウイルスはいろいろな表面で感染力が2時間ある。いや、4時間。えっ、6
時間? さ、もっとないの!
18. 自宅に家族といっしょにいなければならないが、車中で家族いっしょにい
るのはダメ。
19. ケアはできない、リュウマチとか、コレラに対して薬はあるが...化学の
巨大な歩みだ。
20. このウイルスは致死的だが、時に世界的な惨禍をもちこまなければ大した
ことはない。イタリアはすでに犠牲者が多いが、過去に比べれば少ないかもし
れず。ともかく老人ホームにいるなら、逃げよ!


◎雨宮紀子(Gatta Italiana)
イタリア・フィレンツェ在住。著書に『天才力 三巨匠と激動のルネサンス (
ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエッロ)』(世界文化社)、『メディ
チ家 ルネサンス・美の遺産を旅する』(世界文化社)。
melmaで16年間に発行しましたメルマガ「イタリア猫の小言と夢」は、melma の
事情によりサービス終了しました。

 

----------------------------------------------------------------------
■今月のこの一冊 グロバール化した世界を斜め読みする 小谷敏
----------------------------------------------------------------------
アンドリュー・ヤン 早川健治訳 『普通の人々の戦い AIが奪う労働 人
道資本主義 ユニバーサルベーシックインカムの未来へ』 那須里山舎

コロナウイルスが猛威をふるうなか、最も悲惨な状況に陥っているのが、ニュー
ヨーク市です。感染が蔓延した背景としては、貧しい人たちが医者にもかかれ
ない医療保険制度の不備や、肥満率の異常なまでの高さといった、社会学的な
要因もあげなければならないでしょう。新自由主義大国アメリカでは、持てる
者と持たざる「普通の人々」の格差は途方もなく広がってしまいました。本書
の著者は、「1人11万円のベーシックインカム」を公約に掲げ、「普通の人
々」のためにアメリカ大統領選挙に名乗り出た、若き起業家です。

著者はアメリカでは、「大いなる解職」が進行していると述べています。そ
の背景にあるのはAIの発達です。現在、様々な仕事がAIやロボットに置き
換えられています。この趨勢が進めばトラックの運転手や販売員等の仕事がす
べて失われてしまいます。AIの発達は新たな雇用を生みはしますが、それに
就くためには高いスキルと学歴が求められます。「大いなる解職」は、エリー
ト層にも及びます。反復的な業務をこなすには、AIははるかに人間より優れ
ています。医者や弁護士の仕事でさえ、AIに奪われる公算大なのです。

すでにアメリカでは、多くの「普通の人々」が失業の憂き目にあっています。
彼らの多くは、障碍者手当を受給し、日がなテレビゲームをして暮らしている
のです。薬物依存で命を落とす人の数は、交通事故の死者よりも多くなってし
まいました。アメリカに活力をもたらしてきた、階層間の流動性も激減してし
まいました。どんな地域のどんな家庭の子どもに生まれたかで、人生が決まっ
てしまうのです。超一流大学を出たエリートたちも、将来の不安に苛まれ、起
業するのではなく、「寄らば大樹」と大企業への就職を目指します。

極端な格差の存在がアメリカの活力を奪っている。そうした認識の下に著者
は、すべての人が無条件で所得保障の受けられる「ユニバーサルベーシックイ
ンカム(UBI)」を提唱しています。各地の社会実験は、UBIが導入され
れば人々は健康になり働く人はむしろ増え、芸術やスポーツヴォランティア等
創造的活動に従事する人が増加することを示しています。企業家である著者は、
資本主義は基本的によきものだと考えています。格差を是正し、「普通の人々」
を幸福にする「人道資本主義」を可能にするのが、UBIなのです。

著者の主張は賛同できるものばかりです。ただUBIの財源の問題がややあっ
さりと論じられていることが残念でした。日本政府もついに、国内在住者に一
律10万円の現金給付をすることを決めました。コロナ禍で倒産や失業が増大
すれば、UBIを求める声が一層高まっていくことでしょう。コロナ禍でうち
ひしがれた社会が「人道資本主義」の方向に進むのか、火事場泥棒的に大資本
が肥大化しさらなる新自由主義にむかうのか。大きな岐路にたつ私たちに本書
は、多くのヒントを与えてくれています。どうかご一読ください。


◎小谷敏
大妻女子大学人間関係学部教授。「余命5年」の難病から生還し、こうしてモ
ノが書けることに感謝。
最新刊「怠ける権利」高文研
http://www.koubunken.co.jp/book/b371637.html

----------------------------------------------------------------------
■ちょっとそこを詰めていただけませんか 竜巻竜次
----------------------------------------------------------------------
今回は「悪化してる」話

本当に、ほんとーに昔、「生活指導に愛はあるか」と言うタイトルの作品を描
いた。

内容はざっくり言うとベテラン生活指導の先生の「ソックスは白に準じると言
う曖昧な表現ではなく白で統一」せよとの言葉に主人公の若手教師が「それな
らソックスではなく地下足袋着用にすれば良い」と反発したところ、それが採
用されてしまい、しかも学生達がそれに従ってしまう、と言う話だ。

当時は若者と言うか学生がやたら物わかりが良くなって、学校側の決めた規則
に粛々と従う様と何ともよくわからない規則に呆れ果てストーリーを作ったの
だが。
(教師をしてる友人から修学旅行の下着は白で統一、と言う職員会議の結果を聞
いてヒントにさせてもらった。誰がどこでチェックするつもりだったんだか…
)

しかしまさか令和の、しかも「この状態」でデジャブの様にこの言葉を聞くと
は思わなかった。

いくつかの学校で上がった「マスクは白」の話だ。耳を疑うと言うか眼を疑う
と言うか「はぁ〜〜〜ぁ?」と語尾が二音ぐらい上がる声が出た。

まともに授業も受けられなくて、市中にはマスクは売ってなくて、訳のわから
ないマスクを強制的に送りつけられて、そんな状態の中で「白以外はNG」

どこかの一人のバカ発言かと思ったらそうではなく、あちこちでそんな風に指
導された学生がいたようだ。

教育現場の劣化はそれこそ私が作品を描いた時から始まっていた。一時荒れた
学生を「管理する」ためのハウツーがどんどん強化され、逆に教師もそれを維
持するために要らぬ仕事が増えていった。癖毛証明とか黒染を強制する頭髪規
制など「普通み考えれば」全く意味のない事も教師の仕事になっている。

多分「マスクは白」を言った教師は何が間違っているのかわからないのでは?
学校内でのマスクは(花粉症やらマスク依存やらでマスクをする学生は多い)白
と決められているじゃない?ときっと思っている。でも何となく叩かれたので
学校も教育委員会も火消しに躍起のようだ。

あの頃やたら物わかりの良かった学生が劣化コピーして今の教育現場に居るよ
うな気がするな。
若者の政権支持率が高いのは劣化コピーから悪化コピーになってるのかも。

◎竜巻竜次
マンガ家 自称、たぶん♀。関西のクリエーターコミュニティ、オルカ通信の
メンバーとしても活躍中。この連載も、呑んだ勢いで引き受けてしまった模様
http://www.mmjp.or.jp/orca/tatumaki/tatumaki.html
----------------------------------------------------------------------
■はてな?現代美術編 koko
----------------------------------------------------------------------
第106回 『自粛生活の過ごし方 その1 ─── ゲントの祭壇画』


とうとう他府県へのお出かけもままならぬ時間を過ごして早2週間以上が経ちま
した。
ムーゥゥゥ。
知らぬ間にチューリップも枯れてしまった。。。
おばさんの象徴≪花を愛でる≫行為もできずじまいで、4月はあっという間に過
ぎ去りそう。おばさん趣味を諦める代わりに、おじさんのようにシャーロック
ホームズの世界にどっぷり。

ついでに地味なBBC制作のドラマシリーズもかなり制覇。
この4月はAmazonプライムに感謝。

おじさんワールドを離脱後、宇野惟正氏と田中宗一郎氏の『2010's』(新潮社)
も読破。2010年代の10年間のポップカルチャームーブメントを二人の解釈で読
み解いてくれています。中身濃すぎて時間かかりました。

音楽や映画は、美術(特に現代アート)と密接に関連しているのでこれからも
役立つ1冊です。横文字多すぎなのはちょっと読む側には苦しいかもしれません
が中身は興味深い考察満載。

現在進行中のムーブメントを読み解くのは現代アートにもつながる話で、最低
限の基礎知識を得るための必須の書というところでしょうか。2010年代という
のは、政治的にも経済的にも文化的にも、のちのち振り返った時には大きな分
岐点かもしれません。

さてその一方でいつものように余暇を使って美術館にでもいければいいのです
がそうもいかず、デジタル美術館へドッポリ浸かっています。コロナのおかげ
で私には嬉しいサイトに気付いたのでご紹介します。

修復後に今年初めからお披露目される予定だったファン・エイク兄弟の『ゲン
トの祭壇画』サイトです。西洋美術史の本を一度でも開いたことがある人なら
ば、この祭壇画が西洋油絵の発展に大きく寄与初期に燦然と輝く至宝だと知っ
ています。

ベルギーのゲントという町の大聖堂にこの祭壇画はあります。初めてゲントを
訪れた時は、意外に大きな風格のある町だったので驚きました。
無知のなせる業です(恥・・・)

2020年2月から4月末までゲント美術館でお披露目だったのにコロナの影響で美
術館は閉館。かわりに下記Youtubeの修復後の絵画映像と、修復レポートサイト
の修復前の画像を見比べると随分と印象の変わった部分があるのでビックリで
す。

□ファン・エイク兄弟『ゲントの祭壇画』修復レポートサイト<closertovane
yck>(英語)
http://legacy.closertovaneyck.be/#home

□Stay At Home Museum(英語)内 <Watch episode 1: Jan van Eyck - MSK 
Gent>(Youtube)
https://www.flemishmasters.com/en/events/stay-at-home-museum

Youtube動画の英語がわからなくても、美しい絵画を観るだけで十分です。
細部にわたってリアリスティックに描かれているため、幾ら見ていても見飽き
ないですし、聖書がらみの主題を真剣に観察しだすとかなりの労力を必要とし
ます。

アダムとイブの姿一つとってもあの裸体の詳細な表現は恐るべし。
「神秘の子羊」遠方の風景の森や建物の描写もあまりに本当らしくて驚かされ
ます。

この絵を完成させた弟のヤン・ファン・エイク(Jan van Eyck)は、油絵具の
表現を追求し、光の効果やや遠近法技術も用いたました。。
<closertovaneyck>のサイトにこれから順次修復成果報告が掲載予定とのこと
で楽しみです。

【ゲントの祭壇画の受難の歴史】 ※芸術新潮4月号から抜粋
1432年に完成後、宗教改革の聖像破壊のなか難を逃れる。
1781年、アダムとイブの裸体画がポルノだということで2枚のパネルが外される。
1794年、フランス革命時に中央の「神秘の子羊」を含む4枚が略奪され、パリの
ルーブルへ。
1815年、ワーテルローの戦い後、中央4枚はゲントに帰還。
1816年、アダムとイブを除く左右翼部のパネルが売りに出される。
最終的にプロイセン王の元で、表と裏を一度に展示できるように切り
分けられる。
1822年、ゲント大聖堂火災発生、「神秘の子羊」なんとか避難。
第一次大戦下、「神秘の子羊」を含む4枚はドイツ軍から隠し通し、戦後ベルリ
ンで展示されていた左右翼部も返還される。
1934年、中央パネル上段右の「洗礼者ヨハネ」と内装下段左側「正しき裁き人」
が盗難にあう。
警察が交渉に失敗し、「正しき裁き人」は戻ってこなかった(現在は複製)。
1940年、ナチスによって略奪、4年間岩塩坑で保管され、1945年に無事帰還。
1950年、劣化がひどく修復されるも、当時の技術では修復が不十分で羊の耳が
4つに。
2010年から政府主導で過去最大の調査と修復が行われる。

□Wiki ゲントの祭壇画
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%B3%E3%83%88%E3%81%AE%E7%
A5%AD%E5%A3%87%E7%94%BB

パネルの1枚が戻ってこなかったなんて!と思いながら年表をみていたのですが、
なぜか私の頭に法隆寺が浮かび、現在も当時の姿をそのまま残していることの
凄さに怖れおののいてしまいました。
昔の宝を護ることの難しさを改めてかみしめる外出自粛生活です。
みなさん気を付けてお過ごしください。


◎koko
円とユーロとドルの間で翻弄されるアートセールコーディネーター。
まぐまぐメルマガ「Sacres Francais!映画と美術とパリジャンと」。
http://www.mag2.com/m/0000191817.html(現在休刊中)

----------------------------------------------------------------------
■スプートニクとガガリーンの闇 28 内藤陽介
----------------------------------------------------------------------
ヴェネラ1号

1960年8月19日にスプートニク5号(コラブリ・スプートニク2号)が打ち上
げられた後、同年12月1日に打ち上げられたスプートニク6号(コラブリ・ス
プートニク3号)には、プチョールカとムーシュカの2匹の宇宙犬と植物や昆
虫が乗せられていたが、誘導の失敗により、12月2日の大気圏再突入に失敗し
て衛星は分解。全ての生き物が死んでしまった。
年が明けて1961年2月4日、金星探査を目指して、スプートニク7号がバイコ
ヌール宇宙基地からモルニヤロケットにより打ち上げられる。
ガリレオ・ガリレイが金星の満ち欠けを発見して以来、多くの天文学者が金
星を観測し、「地表に模様が見えた」、「大陸がある」などの報告が蓄積され
ていった。最終的に、金星の自転周期は約243日であることが明らかになったが、
天文学者たちは模様の変化を観測して自転周期は地球とほぼ同じ約24時間と推
測する時間が長らく続いていた。
また、19世紀後半に発達したスペクトル分析法は、初期の段階では赤外線波長
までカバーできなかったため、二酸化炭素の存在が見落とされ、金星の環境は
地球の熱帯地方に近いのではないかと考える人が多かった。ちなみに、1932年
には金星大気のスペクトルは赤外線域まで観測され、専門家の間では、金星の
大気には二酸化炭素が多く含まれていることが認識されていたが、金星と地球
を“双子”とみなす俗説はなかなか解消されなかった。
ソ連が金星探査を目指したのもこうした事情があったためで、他の惑星大気
圏への探査機の投入、惑星表面への軟着陸、惑星表面からの映像転送、高解像
度レーダーによる惑星表面の地図の作成などが可能と考えられたからである。
スプートニク7号は1960年に打ち上げに失敗したM1型火星探査機(マルスニク
1号・2号)を流用した設計で、探査機本体は半球と円筒を組み合わせた形状と
なっており、質量は645kg。観測装置として磁力計、垂直速度計、荷電粒子モニ
ターが搭載され、金星大気に突入しながら調査する計画だった。
さて、打ち上げ後のスプートニク7号は、ロケット第4段と結合した状態で
地球を1周したところで金星遷移軌道に移動するためにエンジンを点火する予
定だったが、失敗。地球周回軌道にとどまった後、22日後の2月26日に大気圏に
突入した。なお、スプートニク7号はロケットが結合したまま、質量6843kgの
巨大な物体として地球を周回していたため、西側世界では、失敗した有人宇宙
船だという憶測が広まっている。
次いで、2月12日、西側諸国でスプートニク8号と呼ばれた金星探査機、ヴェ
ネラ1号が打ちあげられた。
ヴェネラ1号はスプートニク7号とほぼ同型で質量は643.kg。今回は、探査機
と4段目ロケットを待機軌道に乗せたうえ、そこから4段目ロケットを点火し
て金星に向かうことに成功し、地球から190万km離れた地点において行われた3
回のテレメトリー送信により、太陽風と宇宙線データを送信。これにより、ル
ナ2号で発見された太陽風によるプラズマが深宇宙にまで及んでいる事が確認
された。
人類で初めて他の惑星に探査機を飛ばすことに成功したことを受けて、1961
年4月26日、ソ連は1961年2月12日の日付を入れた記念切手を2種セットで発
行した。図案は、6コペイカ切手( https://blog-imgs-142.fc2.com/y/o/s/yo
sukenaito/20200425092526806.jpg )が探査機を乗せて地球から飛び立つロケッ
トで、10コペイカ切手( https://blog-imgs-142.fc2.com/y/o/s/yosukenaito
/2020042509252508a.jpg )が地球の周回軌道から金星へ向かう探査機である。
ただし、この間の4月12日、ガガーリンによる人類初の有人宇宙飛行に成功
し、そのインパクトがあまりにも強烈だったため、ヴェネラ1号の快挙もかすん
でしまった。
なお、金星に向かって宇宙空間を進んでいた探査機は、5月19‐20日、ヴェネ
ラ1号が金星の10万km以内に接近し、太陽周回軌道に入ったが、おそらく、太陽
方向センサーが過熱したために故障し、送信は行われなかった。


内藤陽介
1967年、東京都生まれ。東京大学文学部卒業。郵便学者。日本文芸家協会会
員。フジインターナショナルミント株式会社・顧問。切手等の郵便資料から国
家や
地域のあり方を読み解く「郵便学」を提唱し研究・著作活動を続けている。主
な著書に、戦後記念切手の読む事典<解説・戦後記念切手>シリーズ(日本郵
趣出版、全7巻+別冊1)、『外国切手に描かれた日本』(光文社新書)、『
切手と戦争』(新潮新書)、『皇室切手』(平凡社)、『満洲切手』(角川選
書)、『大統領になりそこなった男たち』(中公新書ラクレ)など。最新作『
日韓基本条約 (シリーズ韓国現代史1953-1965)』えにし書房
電子書籍で「切手と戦争 もうひとつの昭和戦史」「年賀状の戦後史」角川
oneテーマ21などがある。

----------------------------------------------------------------------

■広告募集のお知らせ:当メルマガは現在4068名の読者の皆さんに配信してお
り、広告は随時募集中です。詳細はメールにて編集同人までお尋ね下さい。

----------------------------------------------------------------------
■編集後記
モノクロ電子書籍リーダーを4台持っているが、そのうち一台の寿命が来た。一
番気に入っていた機械で、それだけ酷使してきたのだけど後継モデルはない。

他の3台もいずれ寿命が来るのだろうが、後継モデルがあるのはアマゾンと楽
天だけだ。そうなると活字を追っていく小説のような本は、電子書籍で買うな
らアマゾンと楽天でしか買えなくなる。

たまに電車で外出する時、みんな持っているのはスマホばかりで、パソコンや
タブレット、紙の本を手にしている人は少ないが、いないわけじゃない。しか
し電子書籍リーダーを電車の中で読んでいる人は、実はまだ見たことがない。

なんでこんなにモノクロ電子書籍リーダーは普及しないのか?
便利だと思うのですけど・・・
====================================================
■ 電子メールマガジン「[本]のメルマガ 」(毎月5・15・25日発行)
■ 発行:[本]のメルマガ発行委員会
■ 掲載されたコンテンツを小会の許可無く転載することはご遠慮ください。
■ copyrightはそれぞれの記事の記者が有します。
■ ご意見・ご質問は25日号編集同人「朝日山」まで
メールアドレス asahi_yama@nifty.com
(あっとまーくは、全角ですので半角にしてください)
■ バックナンバーurl http://back.honmaga.net/
■ このメルマガは『まぐまぐ』を通じて発行しています。
■ メールマガジンidナンバー:13315
■ 購読・解除・変更手続きは http://www.mag2.com/ より行えます。
====================================================

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎[本]のメルマガ
 の配信停止はこちら
⇒ https://www.mag2.com/m/0000013315.html?l=kbi00b11f0

 

| バックナンバー | 21:50 | comments(0) | -
コメント
コメントする









SEARCH
[本]のメルマガ
哲学・思想・社会などの人文書や、小説や詩など芸術の最前線、書籍の出版流通、電子出版などの「本」の現在を気鋭の出版社員、書店員が伝える、まさに[本]のメルマガです。
発行周期発行周期:月3回
バックナンバーバックナンバー:すべて公開
マガジンIDマガジンID:0000013315

メールアドレス:

メールアドレス:
Powered by まぐまぐ
※読者登録は無料です

コーチ募集(コーチングバンク) 無料 コーチング カーディーラー経営品質向上 CSR コンプライアンス 経営倫理 実践研究 BERC フリーラーニング
LATEST ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ARCHIVES
LINKS