[本]のメルマガ

配信済のメルマガのバックナンバーを見ることができます。また、記事に対するコメントもお待ちしております。
<< [本]のメルマガ vol.744 | main | [本]のメルマガ vol.746 >>
[本]のメルマガ vol.745

■□------------------------------------------------------------------
□■[本]のメルマガ【vol.745】20年2月25日発行
[イタリアのコロナウイルス 号]
http://honmaga.net/ 
■□------------------------------------------------------------------
□■ 創刊は1999年5月10日、現在の読者数は4074名です。
■□ 「まぐまぐ」で、殿堂入りメールマガジンのひとつに選ばれました。
□■------------------------------------------------------------------

★トピックス
→温泉と図書館のコラボ店誕生

★「甘くて苦いイタリア」 雨宮紀子
→イタリアのコロナウイルス、ちょっといい話

★「今月のこの一冊」 小谷敏
→水俣川の現在

★「ちょっとそこを詰めていただけませんか」 竜巻竜次
→電子書籍、修正したのに、あれ?

★「はてな?現代美術編」 koko
→敵ながら、あっぱれと言ってみたい

★「スプートニクとカガリーンの闇」内藤陽介
→有人飛行にいたるまで・ソ連の苦闘

----------------------------------------------------------------
★PR★ 原 書 房 最新刊 ★ http://harashobo.co.jp

『骨が語る人類史』

ブライアン・スウィーテク著 大槻敦子訳
四六判 284ページ 本体2,700円+税 ISBN: 9784562057245

カンブリア期から現生人類までの生物の骨の発達の歴史、発掘されたヒトの骨
からわかる過去の暮らし、リチャード三世の遺骨などの歴史的発見、骨に関わ
る人種差別と倫理観など、骨にまつわる興味深い古生物学、人類学。
----------------------------------------------------------------------
■トピックス
----------------------------------------------------------------------
2月20日、図書館と風呂屋のコラボ店オープン
三田天然温泉・寿ノ湯(兵庫県三田市)
https://www.lmaga.jp/news/2020/02/94122/
https://kotobuki-yu.com

うちから近いので、近日中に行って記事にします。
----------------------------------------------------------------------
■Italia dolce e amara: 甘くて苦いイタリア / 雨宮紀子
----------------------------------------------------------------------
第108回 感染への注意、イタリアの場合

ローマにある在イタリア日本国大使館から、憂慮されている新型コロナウイル
ス感染への【注意喚起】とするメールが来たのは22日午前中だった。

「2月21日、イタリアで新型コロナウイルス感染による初の死亡が確認され
ました」と始まり、「イタリア北部ベネト州で,新型コロナウイルス(COV
ID−19)感染によるイタリア国内初の死者が確認されました。死亡したの
は,78歳のイタリア人男性です。これを受け,北部の10の町で公共イベン
トなどが中止されました。」

続いて《感染を予防するための正しい知識》が10項目挙げられている。
イタリアの新聞に同じ項目が挙がっていたので、その翻訳かと思われる。
その中ではこの2項目は予想していなかった: 
(8)中国製品または、中国から受け取った梱包物は危険ではない
(10) ペットは新コロナウイルスを拡散しない

ネットで日本のニュースを読んだ限り、中国製品への疑問が上がったというこ
とも、このように確認されるのも読んだことがなかったからだ。
イル・ソーレ24オーレ紙を調べたら、中国から手紙や小包を受けとったら新
コロナウイルスCovid-19を疑うべきかという問いに、前回の検査でコロナウイ
ルスは手紙や小包上では長く生き続けないとわかっているので問題はないと書
いてあった。

同紙はペットの動物がCovid-19を拡散するかという問いにも、現状ではペット
の犬や猫が感染する可能性について確証はないが、ともかくペットと接触した
あとは入念な手洗いをしたほうがいいとすすめている。

また、同誌では中国レストランでの食事や中国製食品からの感染はないのか?
という疑念を取り上げ、現状では食品は問題ないとしている。

こうした疑いがなぜあるのかというと、昨年、この連載でフィレンツェ近郊の
プラート市に住む中国の人たちについて書いたが、現在、プラート市の住民数
は19万5千人だが、その2割が中国人で、ヨーロッパではパリとロンドンに次い
で多いという。

それで中国レストランも食品の流通量も多いはずだから、疑問がわくのはわか
る。こうした地区にある、中国から輸入した食品を扱う巨大なスーパーに行っ
たことがあるが、当然だとしても、見たことがない食品やどう食べるのかさえ
見当がつかない物が多くておどろいた。

イル・ジョルナーレ紙によると、春節休暇で、フィレンツェやプラートが属す
るトスカーナ州から中国の故郷に帰り、戻ってきた中国人は約2千5百人いる。
トスカーナに移民した中国人の多くは故郷が浙江省にあり、感染者の数が中国
で四番目に多い地方とのことだ。

再入国した人たちは2週間の隔離を余儀なくされた。
そうした同国人に向けて、なんとプラート市にあるレストランがシャッターに
中国語の貼り紙をしたと別の新聞ラ・スタンパ紙は写真入りの記事にした。

こちらが貼り紙の写真記事:
https://www.lastampa.it/topnews/primo-piano/2020/02/20/news/nella-comu
nita-cinese-di-prato-che-ha-scelto-l-autoisolamento-1.38489990

貼り紙をしたのは“クワットロ・スタジオーニHot Pot”店で、イタリアでも死
者が二人となった北部のミラノにチェーン店があるそうだ。現在までイタリア
で死者が5人となったのは全て北部で、ロンバルディア州とヴェネト州。

記事のイタリア語から訳すと貼り紙にはこう書かれている。
「注意! 中国から帰ったばかりの人は責任感をもって、2週間の隔離が望まれ
る。ありがとう。がんばれ」。

ミラノに住む友だちのSNSによると、22日からバタバタと情況が変わってきて、
市内や郊外のスーパーで売場の棚がカラになるところもあり、スカラ座は23日
の午後に公演中止を決めたとか。
ヴェネツィアでは恒例のカーニヴァルも中止されるという。
南部にも感染して不思議はない。

予防ワクチンを実現するには一年を要するともいわれている。
今は一人ひとりが栄養を摂って体力をつけ、ウイルスに打ち勝つ生き方をする
以外に対策はないのだ。

籠りがちだった今日この頃、聴講の予約がしてあったので昨日はフィレンツェ
の20世紀始めの画家について講演を聴きに中心街に出かけ、昼食後はあまり歩
かない通りを眺めながらそぞろ歩き、大きな広々としたカフェで心地よく休む。
行き交うのは観光客よりも地元の人たちばかりのようにみえた。


◎雨宮紀子(Gatta Italiana)
イタリア・フィレンツェ在住。著書に『天才力 三巨匠と激動のルネサンス (
ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエッロ)』(世界文化社)、『メディ
チ家 ルネサンス・美の遺産を旅する』(世界文化社)。
melmaで16年間に発行しましたメルマガ「イタリア猫の小言と夢」は、melmaの
地域情報部門で2007年メルマガ・オブ・ザ・イヤー受賞。
残念ですがmelma の事情によりサービス終了となり、3月2日に全て削除される
とのことです。ご覧になりたい方はお早く!こちらです: 
http://www.melma.com/backnumber_86333/


----------------------------------------------------------------------
■今月のこの一冊 グロバール化した世界を斜め読みする 小谷敏
----------------------------------------------------------------------
寺田久義 『清流水俣川 治水・利水・親水がともにある世界』農文協プロダ
クション 1800円+税

1993年8月6日。記録的な豪雨に見舞われた鹿児島市では市内を流れる
甲突川が決壊。本書にも姿をあらわす肥後の名工、岩永三五郎が藩政時代に造っ
た石橋群も流出してしまいました。鹿児島市では、市民による石橋保存運動が
巻き起こりました。市民たちは、単なるノスタルジーから石橋の保存を求めた
のではありません。石橋の流出は、住宅地の乱造の結果山の保水力が失われた
ことと、河岸をコンクリートで覆い、甲突川の流れを直線化した、誤った河川
改修の結果であるという認識を、多くの市民が抱いていたのです。

肥薩の国境付近を流れる水俣川は大変な暴れ川でした。近代にいたるまで何度
も氾濫を繰り返し、そのたびに河道を変えてきたのです。他方水俣川の豊かな
水と、流域の清涼な湧水とは、農業用水として、あるいは飲料水として地域の
人たちの暮らしを支えてきました。不知火海に面した水俣の街は、水俣川の水
上交通に支えられて発展を遂げていきました。水俣川がもたらす豊富な水資源
なくしては、かの窒素水俣工場を中核とする、工業の発展もありえなかったで
しょう。水俣の地域社会は、水俣川によって作られてきたのです。

水俣川は、長く自然のままの姿をとどめていました。昭和30年代前半ごろ
までは、「早瀬の両岸にはネコヤナギが茂り、木陰の下にはえびやくらげが群
れをなし、沈んだ淵の深みにはたくさんの魚たちが生息していた」(148頁)。
「このころの水俣川は、…清流そのものであった」(同)と著者は言います。
水質の汚濁をもたらすダムが存在しないこと。生活排水が流入しないこと。そ
して流域の「エコファーマー」たちの努力。これらの合力によって、現在も水
俣川は清流の姿をとどめ、「水俣のおいしい水」を供給し続けています。

本書の中でもっとも楽しく読めたのは、水俣川でアユ釣りやウナギ獲りに興
じた子ども時代の思い出の記述です。水の流れを和らげるために設けられた石
刎や、渡河の手段として置かれた洗堰に付着した苔にアユたちは群がってきま
す。それを捕まえるために子どもたちは知恵を絞るのです。「治水」のために
造られた石刎や「利水」のために造られた「井手」は、子どもたちが川遊びに
興じる「親水」の舞台ともなりました。川で遊ぶなかで、著者の世代の子ども
たちは、楽しみ、身体を鍛え、多くのことを学び成長していきました。

著者は水俣川の現状に危機感を抱いています。水俣川の上流部分の水田の高
い保水力が、下流地域を洪水から守ってきました。しかし、上流での農業の維
持は困難なものになってきています。伝統的な取水堰は自動転倒ゲートにとっ
て替り、石刎や洗堰も姿を消してしまいました。これらの変化は、水害が生じ
る危険性を高めるだけではありません。人工化した川は、アユのような生き物
と、子どもたちをも遠ざけてしまいます。治水と利水と親水が一体となった水
俣川を将来の世代に遺そう。そうした著者の主張に深く共感します。

◎小谷敏
大妻女子大学人間関係学部教授。「余命5年」の難病から生還し、こうしてモ
ノが書けることに感謝。
最新刊「怠ける権利」高文研
http://www.koubunken.co.jp/book/b371637.html

----------------------------------------------------------------------
■ちょっとそこを詰めていただけませんか 竜巻竜次
----------------------------------------------------------------------
今回は「電子書籍の乱丁」の話

新型コロナウイルスのおかげで色々なイベントが中止になって、せっかくの良
い季節なのに花見もままならなくて、ただでさえ消費増税で経済がダメージを
負っているのに物流も滞りだし、それもこれも後手後手に回る政府の失策のせ
いだと怒り心頭なのだが…。

今回は電子書籍に乱丁や画像の乱れがあった場合、どうすれば良いのかと言う
話を。

あからさまなCMなのだが…先日4コママンガ「侍えれじぃ」の連載をさせても
らっていたリイド社から単行本が電子書籍で配信された。話が出てから3年ほど。
やっとやっとなのだがとりあえず先ずキンドルで配信という事で自ら購入して
見た。
すると一箇所は同じページが被っている。

「まあ、気にしなければ(4コマなので)大丈夫かな?と読み進めて行くと今
度は三箇所、と言うか3ページ分に画像の乱れ(荒さ)があった。

さすがにマンガで画像が乱れてたらあかんでしょう!と言う事で担当編集に連
絡をしたところ、配信担当者にその旨伝えてくれすぐに修正版を送ってくれた
そうなのだが…。
(ホントのところは社内で校正すべきなんだろうけどね)

問題はここから。
検索をかけてみると「購入したデータはアマゾン経由ではあるが書籍は購入者
が出版元から直接購入したモノであるためアマゾンから連絡はするが乱丁等の
修正がいつなされるかわからない」らしい。

今回は出版元には連絡済みで修正も送ってもらっているのだが再購入して見て
もまだ反映されていない。

これが本屋さんならば現物を店に持って行って「これおかしいですよ」と言え
ば別の本に変えてくれたり、返金してくれたり、まあ購入者のストレスはそれ
ほどないと思うのだが、如何せん「電書」と言うのはデータであって形なきモ
ノ。データの不備を前に立ち尽くすしかない。

修正版の配信がどうなされるとかも調べて見ても「コンテンツの末端と管理」
にお知らせが入る「かも」知れないのでチェックしてくださいとある。

今まで紙の本と並行して出されたモノしか購入していなかったがたまにある文
字切れ、もしかしたらデータの問題?かも知れないと思い始めている。

カラーページなど端末が違うと全然違うイメージになるんじゃないかな?どれ
だけ作者がこだわっても思った色を読者に届けるのは印刷以上に不可能なんだ
ろうな。

そして…1番の問題は名刺代わりに本を差し上げることが出来ないこと。「宜
しかったら差し上げますのでアマゾンクーポンを差し上げますのでダウンロー
ドして頂いて…」面倒くさいがな!

◎竜巻竜次
マンガ家 自称、たぶん♀。関西のクリエーターコミュニティ、オルカ通信の
メンバーとしても活躍中。この連載も、呑んだ勢いで引き受けてしまった模様
http://www.mmjp.or.jp/orca/tatumaki/tatumaki.html
----------------------------------------------------------------------
■はてな?現代美術編 koko
----------------------------------------------------------------------
第104回
『表現について考える ─── 2020年は敵ながらあっぱれと言ってみたい 』

2019年の映画総括トーク番組で『主戦場』という左派系政治プロパガンダ映画
が話題になりました。

保守系の人達はこの映画のことを強く批判し、上映差し止め訴訟をおこしまし
た。
理由は監督がこの映画の政治的な意図を偽ったまま、保守系の人達にインター
ビューをして、しかも左派の人間の視点で都合のよい部分だけを切り取って映
画を作ったからだそうです。

しかし、映画関係者は他の理由でこの映画の不当な扱いを非難し、上映を応援
します。

なぜならば、上映イベント予算の半額に近い600万円を負担する共催の川崎市が、
上映差し止めの訴訟中にある「主戦場」の上映に「懸念」を示したためです。

また運営サイドが市民ボランティアや観客の十分な安全を確保できないという
運営面での課題を理由に上映見送りの事態に至ったためです。。

いうまでもなくあいちトリエンナーレ2019の「表現の不自由展・その後」の影
響です。

公共のお金が投入されるイベントに関して、行政側は判断をかなり厳しくした
2019年。
関連するイベントに携わった人達には迷惑なことだろうと思います。

□『主戦場』の提訴についての記事 (日本語)
https://natalie.mu/eiga/news/353539

そして今年も引き続き≪表現の自由・不自由≫についての議論が続きそうな気
配。
というのも「表現の不自由展・その後」と同じような展示がこっそりと広島県
百島で「ひろしまトリエンナーレ2020」のプレイベントとして開催されたから
です。

□「ひろしまトリエンナーレ2020」のプレイベントについて(KAZUYA Channel  
Youtube)
https://www.youtube.com/watch?v=WqoSSKhThCs&list=PLIHgNlD6TJLbmqS87-5N
lcr4c7bj501PH&index=6

百島で問題になっているのは、いうまでもなく政治プロパガンダを目的とした
イベントに税金が使われている点。

私が考える表現は、反対の論調の人間でさえも引き込む力のある作品です。何
かを伝えたければ、個人の主張の前に、圧倒的なパワーで見る者を引き寄せる
<美>や<エネルギー>を秘めた作品をつくって欲しい。

レニ・リーフェンシュタールが監督したナチスのプロパガンダ映画『意思の勝
利』や『民族の祭典』は、映像美として文句のつけようがありません。

プロパガンダ作品は支持しませんが、表現のクオリティが高いものであれば、
それなりに鑑賞者を作品世界に巻き込むことはできるのです。

鑑賞後にそれをどう考えるかは、各鑑賞者の判断に委ねられます。去年の映画
でいえば、『JOKER』のような社会を不安定にし兼ねない要素を含む映画でも、
映画それ自体が素晴らしいものなのでアカデミー賞の主演男優賞を受賞しまし
た。

音楽でいえば、U2の政治メッセージは強烈ですが、彼らの主張に同調できなく
ても、彼らのパフォーマンスは凄いと思うのです。同じ主義主張を持つ者へ訴
えるだけの作品なんてアート作品とは言えないのではないでしょうか。
「敵ながらあっぱれ!」と思わせて!

百島に話を戻します。
柳幸典氏は、広島トリエンナーレ2020のプレイベントが開催されたアートベー
ス百島のディレクターになっているアーティストです。

彼の作品は、『表現の不自由展』に出展された作品と比べて圧倒的なパワーが
あります。彼自身の作品も多分に政治的なメッセージを含んでいますが、表現
方法が魅了的で観る者を引き込む力があります。

実際どんな経緯で今回のプレイベントが開催されたのかは知りませんが、百島
の記事を読んだときにはなんか安易なプロパガンダ展示に虚脱感を覚えてしま
いました。

2016年、横浜で展示された柳幸典氏の<ワンダリング・ポジション>という展
示は、観る者に何かを強制するわけではありません。とても魅了的な展覧会で
した。
そのようなアーティストがどうして百島であんな展示に協力してるんでしょう
か。
なんだかもったいない・・・というか悲しい・・・

結局文化庁や尾道市からお金がでているために、保守系から突っ込まる有様。
笑うしかないけれど≪反日トイレ≫なるものも百島に出現しているらしい・・・
です。

呆れるよりも感心したい、そんな2020年でございます。

□柳幸典 (木曜新美術館)
https://www.youtube.com/watch?v=b2XAJ9VFQSU
□アートベース百島 柳幸典作品
http://artbasemomoshima.jp/exhibition/artist001_yanagi.html
□<ワンダリング・ポジション> ※2016-12-23の記事
https://travelyokohama.hatenablog.jp/entry/2016/12/23/000000

◎koko
円とユーロとドルの間で翻弄されるアートセールコーディネーター。
まぐまぐメルマガ「Sacres Francais!映画と美術とパリジャンと」。
http://www.mag2.com/m/0000191817.html(現在休刊中)

----------------------------------------------------------------------
■スプートニクとガガリーンの闇 27 内藤陽介
----------------------------------------------------------------------
コラブリ・スプートニク計画の開始

1958‐59年、月への接近ないしは衝突を目的とした初期のルナ計画が成功裏
に終了したことを受けて、ソ連の宇宙開発は、有人飛行の準備段階として、コ
ラブリ・スプートニク計画へと移行する。

ちなみに、“コラブリ”はロシア語で“船”の意味だから、“コラブリ・ス
プートニク”は直訳すると“船舶衛星”となる。現在の辞書的な定義によれば、
“宇宙船”は打ち上げロケットを用いて大気圏外で使用される人工物(=宇宙
機)のうち、人が乗ることを想定しているものをいう。有人飛行の前段階のコ
ラブリ・スプートニクを“宇宙船”と呼べるかどうかは議論が分かれるだろう
が、ここではロシア語の原義を尊重して、とりあえず“宇宙船”と呼んでおき
たい。

さて、コラブリ・スプートニク計画の目的は、有人宇宙飛行へ向けて、生命
維持装置の機能の検証、宇宙飛行が生物に与える影響の調査、大気圏突入の実
験を行うことで、宇宙船内には生命維持装置、テレビジョン装置、人形などが
乗せられていた。また、地上との通信実験を行う目的で、宇宙船はテレメトリー
以外に録音された人間の声も送信した。

ただし、最初のコラブリ・スプートニク1号(1957年のスプートニク1号から通
算するとスプートニク4号)では、地上への帰還に必要な耐熱シールドの開発
が間に合わなかったため、先に完成していた他の技術を実証することを主目的
として、耐熱シールドは装備せず、ミッション終了後は大気圏に突入させて、
宇宙船そのものを廃棄することが計画された。

さて、スプートニク4号は、1960年5月15日にバイコヌール宇宙基地からボストー
クロケットによって打ち上げられた。宇宙船は予定通り4日間の飛行を終えた
後に、地球周回軌道から離脱するために逆噴射エンジンに点火した。しかし姿
勢制御装置に異常が起きたため、意図しない方向に加速された。

その結果宇宙船はより高い軌道に移動してしまい、大気圏再突入は失敗。宇宙
船はしばらく地球周回軌道にとどまった後、地球大気の抵抗による軌道の縮小
のために1962年9月5日に大気圏に突入し、機体の大部分は大気の断熱圧縮の熱
で燃え尽きたが、重量9kgの金属片が米ウィスコンシン州マニトワックの市街地
に落下した。この破片はソビエト政府に返還され、代わりにレプリカが地元の
博物館で展示されているほか、市街地には破片回収地点を示した石碑が建てら
れている。

ちなみに、スプートニク4号の破片の落花とほぼ同時に、ワシントン州スノホ
ミッシュにも宇宙船の破片らしき金属塊が落下しており、地元では、この物体
もスプートニク4号の一部ではないかと考えられた。しかし、調査の結果、こ
の破片はスプートニク4号のものではないことが確認されたものの、結局、そ
の素性は不明のままで、一部ではUFOの破片ではないかとする声(ただし、専門
家は否定的である)もある。

スプートニク4号打ち上げの記念切手は、打ち上げから約1ヶ月後の1960年
6月17日に発行された。図案は、クレムリンとソ連地図に上空を飛ぶスプート
ニク4号である。
https://blog-imgs-134.fc2.com/y/o/s/yosukenaito/20200225014048a2a.jpg

なお、スプートニク4号には間に合わなかった耐熱シールドだが、1960年6月
28日に打ち上げられた宇宙船では初めて装備され、地球への帰還を想定して、
2匹の犬が乗せられた。しかし、この時はロケットが発射数十秒後に爆発し、
実験は失敗。このため、6月28日の宇宙船は命名されぬままに終わっている。

内藤陽介
1967年、東京都生まれ。東京大学文学部卒業。郵便学者。日本文芸家協会会
員。フジインターナショナルミント株式会社・顧問。切手等の郵便資料から国
家や
地域のあり方を読み解く「郵便学」を提唱し研究・著作活動を続けている。主
な著書に、戦後記念切手の読む事典<解説・戦後記念切手>シリーズ(日本郵
趣出版、全7巻+別冊1)、『外国切手に描かれた日本』(光文社新書)、『
切手と戦争』(新潮新書)、『皇室切手』(平凡社)、『満洲切手』(角川選
書)、『大統領になりそこなった男たち』(中公新書ラクレ)など。最新作『
日韓基本条約 (シリーズ韓国現代史1953-1965)』えにし書房
電子書籍で「切手と戦争 もうひとつの昭和戦史」「年賀状の戦後史」角川
oneテーマ21などがある。

----------------------------------------------------------------------

■広告募集のお知らせ:当メルマガは現在4074名の読者の皆さんに配信してお
り、広告は随時募集中です。詳細はメールにて編集同人までお尋ね下さい。

----------------------------------------------------------------------
■編集後記
当メルマガの執筆陣は、ぎりぎりになっても締め切りを守らない人はいないの
だが、竜巻先生は忘れていることがあるので毎月「締め切りですよ」メールを
出している。

すると、いつも「きゃ〜」としか悲鳴を書いたメールが返ってくる。
十年こういうことをくり返していると、もはや2人の掛け合い漫才。あるいは
伝統芸能と言っていいだろう(爆)

====================================================
■ 電子メールマガジン「[本]のメルマガ 」(毎月5・15・25日発行)
■ 発行:[本]のメルマガ発行委員会
■ 掲載されたコンテンツを小会の許可無く転載することはご遠慮ください。
■ copyrightはそれぞれの記事の記者が有します。
■ ご意見・ご質問は25日号編集同人「朝日山」まで
メールアドレス asahi_yama@nifty.com
(あっとまーくは、全角ですので半角にしてください)
■ バックナンバーurl http://back.honmaga.net/
■ このメルマガは『まぐまぐ』を通じて発行しています。
■ メールマガジンidナンバー:13315
■ 購読・解除・変更手続きは http://www.mag2.com/ より行えます。
====================================================
◎[本]のメルマガ
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0000013315/index.html 

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎[本]のメルマガ
の配信停止はこちら
⇒ https://www.mag2.com/m/0000013315.html?l=kbi00b11f0


◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられます
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎[本]のメルマガ
 の配信停止はこちら
⇒ https://www.mag2.com/m/0000013315.html?l=kbi00b11f0

| バックナンバー | 21:17 | comments(0) | -
コメント
コメントする









SEARCH
[本]のメルマガ
哲学・思想・社会などの人文書や、小説や詩など芸術の最前線、書籍の出版流通、電子出版などの「本」の現在を気鋭の出版社員、書店員が伝える、まさに[本]のメルマガです。
発行周期発行周期:月3回
バックナンバーバックナンバー:すべて公開
マガジンIDマガジンID:0000013315

メールアドレス:

メールアドレス:
Powered by まぐまぐ
※読者登録は無料です

コーチ募集(コーチングバンク) 無料 コーチング カーディーラー経営品質向上 CSR コンプライアンス 経営倫理 実践研究 BERC フリーラーニング
LATEST ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ARCHIVES
LINKS