[本]のメルマガ

配信済のメルマガのバックナンバーを見ることができます。また、記事に対するコメントもお待ちしております。
<< [本]のメルマガ vol.278 | main | [本]のメルマガ vol.280 >>
[本]のメルマガvol.279
■■----------------------------------------------------------------
■■ [本]のメルマガ                  2007.3.15.発行
■■                               vol.279
■■  mailmagazine of books         [図書館の人材不足 号]
■■----------------------------------------------------------------

■CONTENTS----------------------------------------------------------
★トピックス 

★「育児と書」柳瀬徹
→多忙につきお休みでーす。

★「図書館の壁の穴」/田圃兎
→着々と進む業務委託に関する提言です。

★「虚実皮膜の書評」/キウ
→キウさんも多忙につきお休みです。

★「帰ってきた中国古典で浅学菲才が直る?」 
→孔子の魅力について語ります。

★「ひよっこ行政書士のRock'n'law(ロッケンロー)相談室」/うすいまき
→今月はお休みの月です。
--------------------------------------------------------------------
■トピックス
--------------------------------------------------------------------
■NHK文化センターでの『孫子』
スミマセン、編集担当の守屋が中国の古典『孫子』の講座を持つのですが、
集まりが悪いそうで宣伝させていただきます。
http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_442472.html

■講談社注目新刊
『森岡ママは今日も笑顔で丘の上』森岡まさ子
三十万人をむかえた民営ユースホステル「MGユースホステル」を経営し、
97歳にして1時間の講演を立ってこなす森岡まさ子さんの自伝です。

■PARC自由学校2007年度 講座14「不安社会ニッポン」をどう生きるか
少子高齢化、格差社会化、セキュリティ化……。得体の知れない閉塞感が広
がる日本社会。本講座では、「不安」をキーワードに、現代日本を象徴する
諸問題を取りあげながら、思考や眼差しの転換と〈オルタナティブ〉の構築
に向けた議論を展開していきます。
講師一覧…杉田俊介、湯浅 誠、生田武志、森 達也、清水康之、渋谷 望、
牧野 剛、内藤朝雄、萱野稔人、小松美彦、多田 薫、雨宮処凛、赤木智弘、
高原基彰、小沢修司、橋本健二、上野千鶴子、北田暁大
詳細は
http://d.hatena.ne.jp/parcfs2007/20070302
-------------------------------------------------------------------
■「図書館の壁の穴」/田圃兎
-------------------------------------------------------------------
第13回 図書館業務委託の先にあるもの


 自分の住む地域に公共図書館が必要かどうかを考えている人は、いったい
どれだけいるのだろう?

 恐らく、毎年数百万とか数千万円の本を買っているという事実と、自分自
身の利用頻度を考え合わせると、大抵の図書館はオーバースペックだと思う
だろう。

 図書館の費用対効果を考えるときに、利用が多いことが効果だとしてしま
うと、利用率の低い蔵書は無駄かもしれないし、人口の少ない地域では図書
館そのものが無駄だという話になるのかもしれない。

 本当は利用の多寡は二次的な問題なのだが、特に外部に業務委託している
図書館では、いつの間にかそれ自体が目的化している傾向が年々強くなって
いる気がする。
              *  *  *

 運営を受託した企業は、人件費を抑えなければ利益が出ない。だから、安
い賃金で司書を確保しなきゃならない。

 自治体から業務委託を受けている企業では、市町村立図書館の副館長や現
場統括者クラスで、月給25万円程度の契約社員というのが相場だそうだ。
 その待遇では、現職のベテラン図書館員が企業に移籍して司書を続けるこ
とは皆無に近く、若い職員や臨時職員がリーダー格の職に就く場合が多いら
しい。

 従来は、公務員試験など何らかの試験をパスしなければ、興味や適性があ
っても、司書を生業とすることは難しかったのだから、それを考えると司書
になれる機会が増えて良かったという見方も出来る。

 実際に、臨時職員を1〜3年程度経験した人が、受託企業側のリーダーと
して着任しているケースを幾つか知っている。

 僕の知る何人かのリーダーは、図書館はこのままじゃいけないんだという
危機感や、何か新しいことをやってやろうという意欲が旺盛な一方、相反す
る要求を両立するためのバランス感覚が不足しているように感じられる。

 図書館学や図書館情報学、分類学に書誌学など、図書館の周りには様々な
学問があるが、それらと図書館の実務とは違う。
 若葉マークのドライバーが、すぐにタクシードライバーになるのは、どう
考えても無理なことくらい誰にでもわかるが、社会経験の不足した新米の司
書をリーダーに据える無謀さについては、自治体側も請負企業も気付かない
のか気付かぬ振りなのか、ともかく困った状況にあるのは事実だ。

              *  *  *

 MARC作成の実績を武器に、破竹の勢いでPFIや指定管理者で図書館
運営に乗り出しているTRCにしても、図書館のプロを大量に抱えているわ
けではない。
 特に図書館運営のリーダー格の人材が不足しているので、昨年から大学院
の図書館経営講座に出資するなど、人材育成に力を入れ始めたようだ。
 ある図書館にサブリーダーとして赴任予定の社員を、その大学院で学ばせ
るといった実例もあると聞いている。
 もっとも、そんな積極的な取り組みを進めていても、目下の人材不足は変
わらず、やはり経験の浅い人材に重責を負わせる状況は現在も進行中のよう
だ。

 そういった問題を含んではいても、こうした企業がどんどん図書館運営を
請け負い、たくさんの図書館を手掛けるようになれば、将来的には人事も資
料管理も図書館サービスも、ある程度一本化できる可能性が出てくる。

 全国には公共図書館が約3,000館あるが、仮にその2割の館の運営委託を
ひとつの企業が請けたとする。
 600館に平均3人ずつ司書を配置したとすれば、会社としては1,800人の司
書を抱えることになる。

 レファレンスサービスひとつ考えても、それだけの数の司書の知恵をかき
集めて対応できる仕組みができれば魅力的だ。
 司書の行うレファレンスは、資料に基づいた情報サービスなので信頼性は
高い。それに、回答するのが公共図書館なのだから、責任の所在が明確だと
いう安心感も大きいだろう。

 国立国会図書館をはじめ、幾つもの図書館でレファレンス事例のデータベ
ースを構築しているが、あくまで各館が公開できそうなものをセレクトして
出している。
 個人情報などが絡んで公開できない事例もたくさんあるし、各館が公開が
適当ではないと判断している事例も相当数存在する。
 そういった水面下の情報も社内共有できるとすれば、各図書館の調査能力
は飛躍的にアップするだろう。

 それに、それだけの数の司書を抱えていれば、社内で司書のキャリアパス
が構築できてしまう。
 人事異動で数年間だけ図書館に配置されるような公務員の図書館員と比べ
れば、司書が専門家としてキャリアアップできる分だけ、質の向上も見込め
るだろう。

 何しろ600館を1つの組織として動かせるのだから、その効果は大きい。
 現在、TRC MARCを採用している館は2,700以上あるが、これと同
様に、9割以上の図書館から運営を受託できたとすれば、公共図書館界全体
が巨大なチェーン店のように運営できてしまうことになる。
 管理部門の集中など徹底した効率化も進むだろうし、全部の図書館予算を
一元的に管理できるようにもなるだろう。
 選書権を持っていれば、各館分担で毎年全部の国内出版物を買い揃えるこ
とさえ可能だ。
 各図書館間を、定期的に本社スタッフが巡回するのに合わせて、担当者が
物流機能も担うとしたら、全国規模で送料無料の相互貸借システムも実現で
きるだろう。
 図書館システムも、各館に置かず1つに集中すれば、費用の圧縮効果が大
きいので、浮いた費用を資料のデジタル化に回せるかもしれない。そうすれ
ば、全国の公共図書館総合目録システムと、地方の貴重な文献のデジタルデ
ータが公開できるようになる。

 先々、こんなメリットが容易に予想できるのだから、人件費を安く済ませ
て目先の収益を期待するような考え方ではなく、思い切った人材登用に、ま
ずは着手すればいいんじゃないかと思う。

 図書館も、質の良い人材の確保が成功の鍵を握るという点では、他の業種
と何ら変わりはない。
 今までの図書館では、どうしてもそこで働きたいという人ならば、この程
度の条件でも働いてもらえるだろうという、足元を見透かしたような悪条件
での求人が非常に多かった。そういう状況が長く続いた結果、どこか同じよ
うな傾向の人材ばかりが目に付くような状況になっている感じは否めない。

 公務員試験のようなひとつの尺度で採用を決める必要がないのだから、何
も既存の図書館の知識を持った人ばかりではなく、書店や出版社の人材を呼
んでも良いだろうし、企業経営のプロやIT系のスペシャリストを呼ぶこと
もできるだろう。

              *  *  *

 企業が委託を請ける場合、計画的に全国規模で図書館サービスを改革する
ような大きな視点で考えるならば、図書館利用者にとって良い結果に向かう
のかもしれない。

 本当はこういうことは、文部科学省主導で行っても良い話だと思う。
 でも、委託が進行して次の局面に入っている以上、その新たな枠組みを利
用して、より良い形を模索する方が建設的じゃないかと思う。

◎田圃兎
---------------------------------------------------------------------
■帰ってきた中国古典で浅学菲才が直る? 
---------------------------------------------------------------------
17「吾いまだ徳を好むこと、色を好むがごとくする者を見ざるなり」
――女色を好むように、徳が好きだという奴を見たことがないよ『論語』

今回は、『論語』の主人公ともいえる、孔子の魅力について、ちょっと書い
てみたいと思います。

冒頭の言葉も、『論語』におさめられた孔子の言葉なんですが、こういうの
読むと、孔子ってさばけた人なんだなーと思います。

これをもうちょっとクダイて訳すと、こんな感じです。
「みんなスケベだよなー、スケベさに匹敵するくらい道徳好きな奴は見ない
ねー」

もう、全然、聖人とは思えないお言葉(笑)でも、物凄くよくわかる言葉で
すよね。孔子には、

・辞は達するのみ(言葉は相手に伝わればいいんだ)

という言葉もあって、まさにそれを地で行っているわけです。他にもこんな
言葉もあります。

・怒りを遷さず(八つ当たりをしなかった)

これは、高弟の顔回を誉めた言葉なんですが、その一つが「八つ当たりをし
ない」なんです(笑)。しかもこの言葉、見ればわかるように、「怒る」こ
とについては全然否定的じゃないんですね。怒ることは人の性だから仕方が
ない、しかし関係ない人までそれを向けちゃいかん、と。

こうした言葉からもわかるように、孔子は、そもそも格好つけようとか、人
の性に逆らおうという気が、ほとんどなかった人のようです。それでも立派
な人間になれるし、世の中よくなる、と信じていたわけです。

ところが孔子の弟子になると、様子がガラッと変ってきます。なんというか、
格好付けとか、人の性を無視した教えのオンパレードになっていくんですね。
たとえば孔子にはこんな言葉があります、

・その位にあらざれば、その政を謀らず(自分がその地位にいるのでなけれ
ば、仕事に口出ししない)

状況としては、社長になれなかったベテラン副社長が、いまの若い社長はだ
めなんだよーとかつい口出ししちゃう感じでしょうか(笑)よくありがちだ
けど、そりゃイカンと孔子は言うわけです。
ところが、それが弟子の曾子になるとこうなります。

・君子は思うことその位を出でず(立派な人間は、自分の地位以外のことは
考えない)

これは『易』の言葉なんですが、孔子のとどう違うのか。孔子は、「思って
も口に出しちゃいかんよー」であり、曾子は「思うな」なんです。さばけた
師匠と格好つけちゃう弟子、その対比がよく出てる所だと思います。
---------------------------------------------------------------------
■あとがき
---------------------------------------------------------------------
>スミマセン、風邪で高熱出しちゃったので、あとがきお休みでーす。
=====================================================================
■広告募集のお知らせ
当メルマガでは広告を募集しています。購読者数(現在6490人)と掲載回数
によって応相談です。詳しくはメールでお問い合わせ下さい。
=====================================================================
■ 電子メールマガジン「[本]のメルマガ 」(毎月5・15・25日発行)
■ 発行:[本]のメルマガ発行委員会
■ 掲載された内容を許可無く転載することを禁じます。
■ COPYRIGHTはそれぞれの記事の記者が有します。
■ ご意見・御質問はこちらまでenji1128@yahoo.co.jp
■ HPアドレス http://www.honmaga.net/
■ このメルマガは『まぐまぐ』を利用して発行しています。
■ メールマガジンIDナンバー:0000013315
■ 購読・解除・変更手続きは http://www.mag2.com/ より行って下さい。
=====================================================================


| バックナンバー | 11:35 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://back.honmaga.net/trackback/595205
トラックバック
SEARCH
[本]のメルマガ
哲学・思想・社会などの人文書や、小説や詩など芸術の最前線、書籍の出版流通、電子出版などの「本」の現在を気鋭の出版社員、書店員が伝える、まさに[本]のメルマガです。
発行周期発行周期:月3回
バックナンバーバックナンバー:すべて公開
マガジンIDマガジンID:0000013315

メールアドレス:

メールアドレス:
Powered by まぐまぐ
※読者登録は無料です

コーチ募集(コーチングバンク) 無料 コーチング カーディーラー経営品質向上 CSR コンプライアンス 経営倫理 実践研究 BERC フリーラーニング
LATEST ENTRY
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
ARCHIVES
LINKS